女子美術大学ゲスト講師

女子美術大学ヒーリング表現領域「キャラクター文化論」授業のゲスト講師としてお声がけいただきました。武蔵野美術大学時代にお世話になった石浦マサル先生の授業で、美大卒業後の働き方をお話ししました。

キャラクターデザインやWeb制作の仕事、そして家業の大家の仕事について紹介しました。デザイン、イラスト、写真、不動産など複数のジャンルで働くに至ったのは、家庭事情も理由のひとつです。
コロナ禍ため通学ができず、学費や就活などの不安もある学生さんに、いつか何かのヒントやきっかけになれば嬉しいなと思いながらお話ししました。

このご時世のためオンライン開催でしたが、120名の学生さんからいただいたリアルタイムでのチャットや対話、授業後の感想文を振り返ると、熱量高く、私の方が刺激を受けたようにも感じます。

「本、映画、写真、イラストなど好きなことがたくさんあって、やることを絞らないと社会に出られないと思ってた。だけどそうじゃ無くて良いと思えた」
「自分が考えていたデザインの世界はほんの一部だったと思った」
などど咀嚼して受け取ってくれていました。また、私と同じ荒川区に住み地域愛を抱いている人、親御さんが大家をしている人もいて、いつか同じ業種になるのかなとわくわくもしました。

何より嬉しかったのが、イラスト描かせて頂いた『まいにち小鍋』を読んでお鍋まで買ったと言う人、サイト制作させて頂いた『コーヒーが冷めないうちに』ファンの人、キャラデザさせて頂いた『ぺんたと小春』を知ってる人達がいたこと。お仕事の機会を下さった皆さんのおかげでクリエイターとしてこんなにも幸せな経験ができました。

category